初めてのお産と子供たち

 

・ヤギの魅力に取り付かれて!!
・里親さんとの交流記
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 初めにやってきたヤギは2匹。
オスのピーターとメスのユキです。

飼い始めたのが2006年頃だったでしょうか? (もしかしたら2007年頃だったかも・・・)

まぁ最初は、自分でもネット上で色々と調べました。

与えてはダメな食べ物とか、ヤギとのコミュニケーションの取り方とか。
少しずつ知識が増え始めた頃、メスのユキのお腹がちょっと横に広がっているような気がしました。

 

それまでも、エサをお腹一杯食べた時とかに横に広がっていたりしていたので
「お腹一杯食べたんだな!」くらいに最初は思っていたのですが
時間が経っても消化される様子がありません。


そんな風に思っていると、少しずつ横に横にお腹は広がって行き
今度は、下にも膨らんでいきました。


この頃になると「ひょっとして妊娠しているの?」と思うようになりました。

もともと譲っていただいた方からは「2匹とも1歳くらいでとても元気ですよ」と聞いていたので
妊娠くらいするかもしれんなー。と確信は持っていませんでしたがなんとなく思ったりしていました。

 

その後もお腹は横にも下にも膨らんでいくのですが、なかなか子ヤギは産まれません。

そうして1ヶ月、2ヶ月と過ぎていきました。
(お腹が膨らみ始めてからは5ヶ月くらい経っていました。)

お腹がパンパンに膨らんでから2ヶ月目が終わり、3ヶ月目に入ろうかと言うときでした。

 

ある朝、牧場に出向いたときのことです。

いつもなら私が入り口に立つと、ピーターもユキも駆け寄ってきて
「早くエサをくれ!!」といわんばかりに、甘えて「メ〜〜!!」と鳴くのですが
その日はピーターだけがゆっくりとやってきました。

そしてその後、ユキが小屋の方からちょっとだけ顔を出して、牧場にやってきたのが私である事を確認したら
ちょっと遠慮したような、今まで見せたことのない感じの表情をしてから
私がいる入り口の方に、ゆっくりゆっくりと近づいてきました。


「あれっ! お腹が大きくないぞ!・・・・・・」
近づいてきたユキを見てそう思いました。

牧場内に入っていって、小屋の中を見てみると端っこのほうに2匹の白い子ヤギが生まれていました!
お互いの首を絡めあうようにして眠っていました。

今までテレビでイヌやネコの出産シーンは見たことがありましたがヤギは初めてです。
そっと触るととても毛が柔らかくってネコやウサギをなでているような感じです。

 

テレビでイヌの出産シーンなどがあるときに毛布を用意してその上に母犬をのせて
と言うような大変な出産劇を考えていた私は少々拍子抜けした感じでしたが
それでも可愛いヤギの子供たちと遊びながら、ますますヤギを好きになっていくのでした。




Copyright (c) 2007  九州ヤギ牧場  All rights reserved